虫歯治療

「歯科」に足を運ぶ理由として最も多いのは、虫歯治療のためではないでしょうか。虫歯を防ぐために、子どものときから歯磨き指導等を受けるものの、大半の方が虫歯になってしまいます。この原因としては、正しく虫歯について理解がされていないからでしょう。私たちの口中は、食べ物が入ると「脱灰」と「再石灰化」を繰り返していきます。この繰り返しが正しく行われれバランスが取れていれば、虫歯になることはありません。痛みを伴う治療を、歯科医で受ける必要がないのです。この「脱灰」と「再石灰化」のバランスを崩す原因の食生活を避ける必要があります。まず、甘くて口中に残りやすい食べ物を避ける必要があります。そして、歯を溶かす原因になる「酸性」の強い飲食物を頻繁に摂取するのを止める必要があります。また、頻繁に間食をするのを止めます。これらに気を付けることで、「脱灰」と「再石灰化」のバランスを維持することが出来るのです。

今日では、オーラルケアについての意識が高まり、積極的にセルフケアを行なう方が増えています。歯ブラシだけのケアにとどまらず、デンタルフロスや糸ようじ、キシリトール入りのガム等を、日常的に取り入れています。このような中、「予防治療」のために歯科へ通う方が増えています。この予防治療とは、歯の定期検診を受けにいくことです。特に口中のトラブルを感じていなくても、歯科で定期検診を受けることで、歯や歯茎の健康状態をチェックすることができます。通常のブラッシングでは落としきれない汚れを、専用の器具で掃除してもらえます。1年に1回又は2回の検診で、自分の歯を健康に保つことができるのです。今後も予防治療の重要性がより広く認められ、定期検診を受ける方が増えてくるでしょう。